報道写真を「読む」

118日(水)、大学院進学クラスで『国境を越えて』(新曜社)の授業をしました。第8課「情報化時代」のトピック2「メディア・リテラシー入門」でした。普段何気なく接しているメディアを、能動的な姿勢で読み解く能力を一人ひとりが獲得していくことがメディア・リテラシーであること、いろいろな個人の「読み」が存在していいことなどが述べられています。

 この授業では、トピックを理解したあとで、質問の書かれた罫紙を配って「トピックと私の関わり」について考える作文を行ってきました。この日は、イラクのモスルの住民が避難する様子を撮った報道写真(2016年11月、Sergey Ponomarev撮影。第60回世界報道写真コンテストの受賞作品)を配布して、この写真には何が写っているか、どのようなことが伝わってくるか書いてもらいました。

1枚の写真を手がかりに、平和のありがたさを感じた時間でした。(織田)

a0373829_17064193.jpg


にほんブログ村
by hinokigaigo | 2017-11-08 14:08 | ある日のできごと