初級指導

初級クラスで目指すこと

 ☆中級以降の学習に必要な基礎力をつける

  ・初級クラスの中にも様々な学生がいる

   学習歴なし・ひらがなカタカナ程度・数年間独学・国の日本語学校で数か月学習・大学で日本語専攻

  ・初級クラスの学生に求められること

   目指すのは「読んで問題を解き、選択肢から正解を選ぶことができる」ことではなく、持っている知識の運用力を四技能すべてにおいて高めること

   「頭でわかる」だけでは不十分

   目指すのは、「読む(音読)」「聞く」→理解→「話す」「書く」

 

初級授業で大切なこと

 ☆日本人の日本語に慣れる

  ・教師は自然なスピードで、はっきり発話する

  ・教師は語彙をコントロールしながら、「ですます体」できちんと話す

  ・初級であっても、不自然な日本語は極力使用しないようにする

 ☆口と耳で日本語を習得する

  ・教師の発話を繰り返しまねることによって、日本語のリズムや発音を体得する

  ・音読の機会を多くする

  ・練習問題は文全体を声に出して答え、クラス全体でのコーラスを行う

 ☆正確に表記する

  ・教師はひらがなカタカナの字形、濁点の打ち方、まちがえやすい漢字、句読点などを厳しくチェックする

 ☆文末に気を配る

  ・質問に対する答えなど、文末の重要性を意識する

 

教師が心掛けたいこと

日本へ来たばかりの留学生、特に初級の学生の気持ちになってください。不安な思いで教室に座り、先生の言うことはほとんどわからず、「勉強」どころではないかもしれません。そんなときに、いくら立派な教案に基づいた授業を行っても、学生の中に浸透することは難しいと思います。

まず、学生との信頼関係を作ってください。言葉は十分に通じなくても、先生が学生に投げかける「気持ち」は伝わります。学生にも先生にも個性があります。それぞれの個性で教室の人間関係が形成されていきます。そしてその人間関係がその後のクラス運営の「かぎ」になるはずです。

教科書や教案ではなく、とにかく学生を見てください。学生は何を理解し、どこに躓いているのでしょうか。今何を考え、先生に何を言いたいと思っているのでしょうか。そのような時間を積み重ねていくことによって、学生は「初級」をマスターし、自信をもって中級へ進んでいくはずです。


にほんブログ村
by hinokigaigo | 2017-08-10 17:58 | ひのきの教育